Lumbamed maternity image picture

Lumbamed maternity (ランバメド マタニティ)

腰部サポーター(妊娠中用)

  • 装着が容易です。テンションストラップにより個々の状態に合わせて調整が可能です。

 メディカル規格

妊娠中の腰部姿位保持

妊娠中の身体は高度なパフォーマンスを求められます。胎児の成長に伴い重心がズレて、骨盤や腰椎への負荷が増加します。 この負荷により妊娠中に痛みを生じます。ランバメドマタニティは腰背部の安定性を高め、負荷を軽減します。 妊娠に伴う腹部の形状変化にも柔軟にフィットします。両側のテンションストラップは個々の状態に合わせ、ご自身でサポートの角度、強さを調整していただけます。ランバメドマタニティは胎児の動きを妨げません。


特徴

製品の利点

  • 腹部を支え、負荷を軽減します。

  • 腹壁、骨盤と腰椎を支え、痛みを軽減します。

  • テンションストラップによる統合的なサポートが腰椎への負荷を軽減します。


どのように作用するか/原理

ランバメドマタニティは妊娠中の腹部組織、骨盤と腰椎エリアを支え、負荷を軽減します。 体幹周囲を包み腰部を統合的に支えると共に、保持力を個別に調整が可能です。これらの機能により妊娠経過に伴う負荷増加、腹部荷重増加に対して作用し、負荷を軽減し痛みを和らげます。

着脱の流れ

医療者の指示の下お使い下さい。
1. まず両側のテンションストラップのベルクロを緩めた状態で留めます。
2. サポーター右外側のループに右手を通します。
3. サポーターを腰部周囲に回し装着し、サポーター左側のループに左手を通し、引っ張ります。
4. 右手の上に左手を重ねるように下腹部で合わせ、ベルクロを留めます。
5.両側のテンションストラップを左右同じ張力で引っ張り固定します。ご自身の状態、痛みに合わせ張力を加減してください。
6. サポーターを適切に下腹部へ装着する事でしっかりと腹部を支えます。

装着の方向

運動中も効果的にサポートします。基本的に一日中装着していただけますが、状況によりご使用時間を調整して下さい。長時間お休みになる際(例、長時間の座位、車中、就寝中)は外される事をお勧めします。装着中に痛みを生じた場合は着用を止め、医師にご相談ください。水中でもお使いいただけますが、ご使用後はしっかり洗浄してください。

詳細

スタンダードカラー


原材料表示

ポリアミド、ポリエステル、ポリウレタン、コットン


洗濯方法

お洗濯時は必ずベルクロを閉じた状態で洗濯ネットに入れて洗ってください。柔軟剤やオイル・クリームなどはクリマコンフォート効果に影響しますので、使用をお控えください。石鹸カスが残っていると皮膚のかゆみや不快感の原因になります。

30℃までの温水で押し洗いもしくはおしゃれ着洗いモードなどで、柔軟剤を使用せずに洗ってください。
塩素系漂白材は使用しないで下さい。
陰干しをお勧めします
アイロンがけはしないで下さい。
ドライクリーニングはできません。


サイズ


サイズ

I
II
III

メディカル規格

使用目的、効果

  • 妊娠中の腰部姿位保持

禁忌

  • 鼠径ヘルニアのある方

より詳細

ファイルをダウンロード

Contact us

Contact

medi Service Center
フリーダイヤル:0120 813 788
個人様用Fax:050 3116 3007
販売業者様用Fax:050 3116 1829
Mail:customer-service@medi-japan.co.jp

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町5-1
兜町第一平和ビル 3階

オンラインサポート
info@medi-japan.co.jp