About medi

世界中に生産・販売の拠点をもつmediグループ。日本法人は2019年に設立され、日本のみなさまへ”I feel better - 心地よい”を提供しています。

medi Global

mediは、世界25カ国に支社を置き、世界90ヵ国のひとりでも多くの皆さまに”I feel better - 心地よい”体験をとどけるために、日々、新しいチャレンジに取り組んでいます。

People feel better with medi

世界中の人々の"I feel better - 心地よい"のために

私たちは、全ての人の "I feel better - 心地よい"を追求し、QOL(生活の質)の向上に貢献します。 私たちは、高い技術レベルで、科学的な知見をカタチにして人々に提供していくことに一番の喜びを見出します。そのことが、より良い治療効果と より独特な心地よさにつながっていくと考えています。

More than just a manufacturer

医療機器メーカーという枠を超えて 医療従事者・患者様と対話を繰り返す

mediはスポーツ製品、ファッション製品と同様に、様々な医療用製品を開発・製造していますが、自分たちの事を単なるメーカーだとは考えていません。mediは、研究開発、技術開発、製造だけではなく、直営店を通じて店頭販売も手掛けています。このように、患者様や医療従事者と接する機会を多くもって、対話を繰り返し、患者様のニーズを深く理解して開発に活かします。開発から販売にいたる全てのmediチームが、患者様の "I feel better - 心地よい"の瞬間のために、まっすぐにフォーカスをあわせて取り組んでいます。

mediのグローバル展開

mediは積極的に海外展開を進めており、現在は、世界に2700人の従業員を擁し、25か国に拠点を置いて活動しています。製造拠点はドイツと米国に置かれ、世界90か国以上に製品を出荷しています。






mediがつくる、弾性衣料の歴史と未来

"medi World of Compression"

開発した製品を通じて65年以上に渡り、皆さまの声を聴き技術の研鑽を重ね、コンプレッションの未来をけん引するmedi。”medi - World of Compression”のブランドロゴは、このmediのコンプレッション技術が活かされているリンパ・静脈疾患治療用製品、スポーツ製品さらにはファッション製品に付与されています。患者様ひとりひとりに最適な製品を選んで頂けるように充実した製品バリエーション。マイスターと呼ばれるドイツの職人たちによる設計・縫製・製造・染色技術が、ハイクラスの着心地と快適性を生み出し、製品をお使い頂くみなさまに”I feel better - 心地よい”体験を提供することをお約束します。この”medi - World of Compression”ロゴは、そのお約束の証です。

"ひと"と"ひと"で紡ぐ関係が
"わたしたちの明日"をつくる


mediは患者様を含むすべての医療関係者の方々との関係をとても大切にしています。また、わたしたちを通じて皆さまが出会い、知識・価値観の共有が行われることを強く願っています。そのため、mediの製品や治療コンセプトに関する研修プログラムや各種相談対応などを積極的に行なっています。このように医療現場に寄り添い、関係者とのつながりを紡ぐことで、medi製品を治療にご活用頂いている医療従事者の方々に、mediの治療コンセプトや製品の正しい使い方を十分に理解して頂けると思っています。これは、患者様に対して適切なケアを提供する上でとても重要なことだと考えています。

幅広い製品ラインナップで
ひとりひとりの患者様に寄り添う


充実した幅広い製品ラインナップと、それら同士の無数の組み合わせ。さらにはオプションでさらに広がるバリエーション。この、幅広い製品ラインナップによって、患者様ひとりひとりの症状や好みに応じるための柔軟性をお約束しているのがmediの特徴です。治療の中で生じる、患者様それぞれの様々なリクエスト。是非、われわれmediに相談してみてください。

医療器具とファッションとを
高次元で融合する


mediは、医療で用いる弾性ストッキングに対しても、世界のファッショントレンドを反映させています。オートクチュールのファッションを楽しむように、mediの弾性ストッキングも楽しんで身に着けていただきたいからです。魅力的なカラーバリエーション、パターンバリエーション。治療器具である弾性ストッキングであっても、そこに込められたラグジュアリーを日々感じていただくことで、お気に入りのファッション小物のように、毎日身につけたくなる製品になることを目指しています。




医療事業以外の"medi"のブランド

CEP/スポーツブランド

CEPは革新的な機能性と最新のデザインを兼ね備えた製品です。mediが長年情熱を注いで開発してきた最先端の着圧テクノロジーが、スポーツに情熱を傾けるすべての人々の最高のパフォーマンスを引き出します。

ITEM m6/ファッションブランド

仕事においても、プライベートにおいても、特別なイベントにおいても、ITEM m6は、洗練された美しさと快適さを提供します。mediのファッションブランドITEM m6は、クラシックで優雅なデザインと、革新的な技術が凝縮された素材や編糸との融合によって誕生した製品です。

medi Japan

メディ・ジャパン株式会社は、ドイツのバイロイト市に本拠地を構える、世界有数の医療・スポーツ・ファッションの総合メーカー、medi GmbH & Co. KGの日本法人です。

ご挨拶

平素よりメディ・ジャパン株式会社への格別のご理解とご支援を賜り、心より御礼申し上げます。
 
わたくしたちのドイツ本社であるmedi社は、1920年にパウザ(Pausa)で誕生しました。そして1951年に、当時より編上げ技術の評価が高かったmedi製品を世界に届けるべく、創業者Wolfgang Weihermüllerが、核となる編み機のパーツのみを背負って現在のバイロイト(Bayreuth)に拠点を移し、医療用ストッキングを製造するFamily Companyとして、以来1世紀に渡る今日までのあゆみを始めました。
 
わたしたちメディ・ジャパン株式会社は、medi社の24番目の支社として、2019年9月1日に東京 日本橋兜町にてあゆみ始めました。わたしたちは、みなさまの日常生活が笑顔で満ち足りたとき、その傍らにmediの製品・サービスがあることを目指します。そのため、わたしたち自身がみなさまと向き合う全ての場において、真摯に全力を注ぐという決意を“medi. I feel better”というブランドスローガンに込めています。
 
わたしたちは、末長くみなさまから信頼いただける企業を目指し、透明性を維持し公正な企業活動を実践し、みなさまの日常における質の高い“I feel better”の創造に努めてまいります。 みなさまのご支援と、ご愛顧をお願い申し上げます。

 

メディ・ジャパン 株式会社 取締役社長

須貝 玄太

・会社名
メディ・ジャパン株式会社

・所在地
〒 103-0026
東京都中央区日本橋兜町5-1 兜町第一平和ビル3階

・電話番号
03-6778-2590

・E-mail
customer-service@medi-japan.co.jp