M.4s comfort knee braces from medi

M.4s comfort (M.4sコンフォート)

4点支持膝装具

  • フィジオグライドヒンジを採用し膝関節の自然な動きをサポートします。

 メディカル規格

可動域制限付4点支持膝装具

M.4sコンフォートは可動域制限付4点支持膝装具です。装着部位の皮膚に損傷が無い場合には、お肌の上に直接お使いいただけます。


特徴

製品の利点

  • 4点支持機能で適切に肢位を保持します。

  • 両側支柱とアルミ製フレームで安定性を高めます。

  • 付属のウェッジを入れ替える事で屈曲/伸展角度を調整します。

  • フィジオグライドヒンジを採用し、膝関節の自然な動きを実現します。

  • 可動域制限:

  • - 伸展制限: -5° Hypex*, 0°, 10°, 20°, 30°, 45°

  • - 屈曲制限: 0°, 10°, 20°, 30°, 45°, 60°, 75°, 90°, 120°*

  • - 角度制限: 0°, 10°, 20°, 30°, 45°

着脱の流れ

装着する前に全てのストラップをベルト穴から外し、緩めてください。ベルクロのフックが衣類や周囲に着かないよう、ベルクロを合わせておいてください。
椅子の端に腰かけ、膝を45度に屈曲させ装具を装着します。ヒンジの高さは膝蓋骨の中心にくるように、側面から見た場合に中心線からやや背側に位置するように調整します。下肢に対して装具がねじれず、まっすぐ装着されている事を確認してください。
まず、下腿前面下側のストラップを留め、次に大腿後面上側のストラップを留めます。膝関節は屈曲位を保持したまま、大腿部後面下側のストラップを留めます。この時、ヒンジ位置がずれないように注意してください。下腿前面上部、下腿後面上部、そして最後に大腿前面のストラップの順に留めます。
装具が適切に装着できてるか、下肢を何度か動かして確認後調整してください。

装着の方向

可動域制限用ウェッジの交換、調整は医療者が行ってください。過伸展を予防する為、伸展制限がない場合でも必ず0度のウェッジをお使い下さい。ウェッジ角度の選択が難しい場合(例、装着部の組織が軟らかい)、少し大きめの角度から使い初め、徐々に調整する事をお勧めします。 装具ヒンジ部分が膝関節中央部に適切に装着されている事をご確認ください。
フレーム部分の加工
フレーム部分の加工が必要な場合は、必ず両側が平行になるよう調整してください。これにより装具の機能を損なう事無くお使いいただけます。
ストラップのネジ
ストラップを固定しているネジは、すでに十分締めて固定されています。ネジの締め過ぎに注意してください。

詳細

スタンダードカラー


原材料表示

アビオナル

ベロア

ポリエステル

ポリウレタンフォーム


洗濯方法

プールでは使用可能ですが、海水中での使用はできません。プールで使用後はしっかり濯いでください。石鹸かすやローション、クリームがサポーターに残っていると肌荒れの原因となります。
30℃以下のお水で手洗いしてください。柔軟剤は使用しないでください。
塩素系漂白材は使用しないで下さい。
陰干しをお勧めします
アイロンがけはしないで下さい。
ドライクリーニングはできません。

通常使用の場合、ヒンジ部分のメンテナンスは特に必要ありません。もし必要な時はテフロンスプレーをご使用ください。ヒンジ周囲のネジが緩んでいないか、定期的に確認し、必要に応じて絞めなおしてください。          


サイズ


サイズ

XS – XXL

特殊加工

メディカル規格

使用目的、効果

  • 膝関節の安静及び肢位保持

より詳細

動画

M.4s® comfort – Instructions for medical staff

Contact us

Contact

medi Service Center
フリーダイヤル:0120 813 788
個人様用Fax:050 3116 3007
販売業者様用Fax:050 3116 1829
Mail:customer-service@medi-japan.co.jp

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町5-1
兜町第一平和ビル 3階

オンラインサポート
info@medi-japan.co.jp